Skip to content

HTML2FPDF同梱のFPDF


HTML2FPDFに同梱されてくるFPDFは、HTML2FPDFの作者によって拡張されている。
本来であれば、FPDF本体に手をつけずに、継承先で実装するべきことが、なぜか親クラスに
実装されている。

そのため、本家のFPDFとは互換性が損なわれている。

その結果、FPDFを日本語化する際にPDFJapaneseやmbfpdfを使用するといろいろ不都合が
起きる可能性がある。

まず、フォント。
FPDFは海外製なので日本語フォントには非対応。
だからPDFJapaneseかmbfpdfで日本語化するのだが、register_globalsをoffにしていると
グローバル定義を前提にしているフォントの定義が動かなかったりする。
(PHP5.2での話なので4.4系では違うかもしれない)

また、align="right"の描画開始位置がおかしい。
普通に指定してもなぜか効かない。サンプルでは効くのに。

どうもFPDFのCellメソッドとそれを呼び出している側の座標指定がおかしい。
右揃えの場合は左余白の計算をしなくてはいけないのだが、どうもそれがちゃんとできていない。
また、右の罫線から位置計算をしなくてはいけないのに、それもできていない。

そういうところを少しずつ直さないと、普通に使えるレベルにはならない。

結構難儀なライブラリだ。

トラックバック

トラックバックがありません

コメント

コメント表示形式 一覧 | スレッド

コメントがありません

コメントの追加

電子メールアドレスは表示せず、電子メールの通知にのみ使用します。

ロボットからの自動的なコメントスパムを防ぐために、画像の下の入力ボックスに適切な文字列を入力してください。文字列が一致する場合のみ、コメントが送信されるでしょう。ブラウザーが Cookie をサポートし、受け入れることを確認してください。さもなければ、コメントを正確に確認することができません。
CAPTCHA

Form options
tweetbackcheck