Skip to content

東京大雪

東京は普段雪の降らない土地ですが、今日は予報通り大雪です。ええ、みごとに。
雪は基本的に気温3度を下回らないと降らないわけで、かつ積雪になるってことは路面温度は氷点下でないといけないわけです。

さて、気温が下がれば暖房をつける。これは普通の行動。石油ストーブや囲炉裏とか電力を消費しない暖房器具は構わないと思いますが、都心部の暖房器具はたいていの場合電気がガスに依存します。
TwitterやFacebook、ニュースサイトなどを見ている限りにおいては、あちこちで停電が発生している模様で、明日が都知事選というこのタイミングは素晴らしく良く誰に投票すべきかを考えさせられます。

シムシティなんかをプレイすると如実にわかるのですが、

  • 水力発電
  • 石炭発電
  • 石油発電
  • ガス発電
  • 風力発電
  • ソーラー発電
  • 原子力発電
  • マイクロ波発電
  • 核融合発電

なんてものが発電所として用意されています。
たんに出てくる時代順に並べただけなのですが、

  • 水力発電
  • 風力発電
  • ソーラー発電

あたりは無公害な発電所、ということでエコシティを作るときに重用します(公害ゼロですからね)。
反面、1ユニットあたりの発電量がめちゃくちゃ小さいので、原発や核融合発電を1個建てるのに匹敵する数を建てるとなると、どっちがコスパがいいかなんて議論する余地はありません。
シムシティはある意味正直なゲームなので、原発を耐用年数過ぎて運用すると、きっちりメルトダウンしてくれます。そうすると、今日本で起きてるような事態になるわけです。
(そういう意味では銭をケチった歴代の為政者や役人、某社の経営陣に責任があるわけですが)

さて、今このエントリを書いている時点で、20万世帯ほど停電しているそうです。この寒いのに、夜なのに、ですよ。
鉄道は軒並み運休・遅延し、道路網も寸断されている状況下で、駅やバス・タクシー乗り場の付近で再開を待つ人は何を思うのでしょうね。

確かに原発はメルトダウンしたら一大事。そんなのもう誰もがわかっています。でもこの国に地震が来ない土地なんてない。そういう国土です。
だからリスクを承知で今しばらくは電力を安定供給してくれる発電所がまだまだ必要。安定的にかつローリスク、大容量の発電方法が出てくれば、順次乗り換えればいい。
でもそれはどこからどう考えても、「都知事」の仕事じゃないですね。

多分明日はこんなことがあったばかりなので、都市計画や防災対策、弱者救済とかを掲げてきた候補が当選するんじゃないかと思ったりします。
ま、そもそも投票所に行くのが明日は大変かもしれませんが・・・。

さてさてどうなるのやら。

トラックバック

トラックバックがありません

コメント

コメント表示形式 一覧 | スレッド

コメントがありません

コメントの追加

電子メールアドレスは表示せず、電子メールの通知にのみ使用します。

ロボットからの自動的なコメントスパムを防ぐために、画像の下の入力ボックスに適切な文字列を入力してください。文字列が一致する場合のみ、コメントが送信されるでしょう。ブラウザーが Cookie をサポートし、受け入れることを確認してください。さもなければ、コメントを正確に確認することができません。
CAPTCHA

Form options

送信されたコメントは表示する前にもでレーションされるでしょう。

tweetbackcheck